忍者ブログ
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ダメージを受けた筋肉細胞が死滅し、代わりに結合組織がその隙間を埋める

それぞれの筋線維の束を覆っているのが筋上膜や筋内膜、ソーセージの皮のような筋膜だ。これはコラーゲンやエラスチンから構成される結合組織の一種。

筋肉を酷使するとダメージを受けた筋肉細胞が死滅し、代わりに結合組織がその隙間を埋める。筋肉を使わなすぎても筋肉細胞は萎縮し、やはり結合組織が増える。

筋肉が固くなるということは、すなわち筋肉と筋肉の間の結合組織が分厚くなり、架橋と呼ばれる構造で、ロックがかかったような固い組織に変換されること。ストレッチは筋肉を伸ばすことでその架橋を壊し、筋肉自体の柔らかさを取り戻す作業なのだ。

 体側のストレッチRU486

腕の付け根、胸の横、脇腹を含む体側を伸ばす。足を腰幅に開いて立ち、両手を頭上で組む。そのままヘソを軸に上体を真横に倒していく。上体が前後に傾かないようにするのがポイント。

タンパク質のコラーゲンやエラスチン、糖とタンパク質が結合したプロテオグリカンなどが結合組織構成。使用頻度が多すぎても少なすぎても、結合組織が増える。三便宝カプセル
 

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

HN:
中山雅史
性別:
非公開

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]