忍者ブログ
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

吉田羊とHey!Say!中島が交際か 所属事務所ともに否定

女優の吉田羊(年齢非公表)とHey! Say! JUMPの中島裕翔(22)の交際をきょう11日発売の週刊ポストが報じていることが10日、分かった。同誌を発行している小学館のニュースサイト「NEWSポストセブン」がこの日、告知し、報道の内容も伝えたもの。
曲美
 中島の所属事務所はデイリースポーツの取材に対し「交際の事実はございません」、吉田の所属事務所も「交際はしておりません。役者仲間の1人です」と交際を否定した。
催情薬
 NEWS-は、同誌がNHK・桑子真帆アナウンサー(28)とフジテレビ・谷岡慎一アナ(29)との交際を報じていることも同様に告知。両局ともデイリースポーツの取材に対し、プライベートなことは回答できないとしている。
PR

「奇跡の人」オスカー女優パティ・デユークさん死去

米国時間の29日、映画「奇跡の人」のヘレン・ケラー役で知られるオスカー女優パティ・デユークさんが死去。69歳だった。米情報サイトTMZによると、デユークさんは午前1時20分、腸の破裂による敗血症で亡くなったという。
巨人倍増
 デユークさんの息子で俳優のショーン・アスティン(45)は同サイトに、「母は長い間、痛みに耐えていたので、家族は今安堵している」と明かした。夫のマイケル・ピアース氏と3人の子供たちに看取られ、息を引き取ったという。

 デユークさんの家族は同日、声明を発表。「今朝、愛する妻、母、女性指導者、洗練されたアーティスト、人道主義者、精神的健康のチャンピオンであるアナ・パティ・デュークが目を閉じ、痛みを鎮め、美しい場所へと旅立った。彼女が仕事と人生を通じ、分かち合った永遠の愛と同情を祝福します」とコメントした。
狼1号
 ニューヨークで生まれ、子役で映画界入りしたデユークさんは1963年、16歳で映画「奇跡の人」でアカデミー賞助演女優賞を受賞。1969年には、映画「ナタリーの朝」でゴールデン・グローブ賞主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞している。

 映画、演劇、テレビで活躍したデユークさんだが、テレビ女優として最も成功を収めた。1963年より放送開始したコメディ番組「パティ・デューク・ショー」で、瓜二つの従妹役で二役を演じ、エミー賞候補に。過去8度にわたりエミー賞候補となり、3度の受賞を果たしている。

 4度の結婚で3人の子供をもうけており、子供たちの一人は映画「ロード・オブ・ザ・リング」でサム役を演じている俳優ショーン・アスティン(45)。

ビール6杯飲んでも…「運転できると思った」 奈良市職員を懲戒免職

奈良市は18日、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で逮捕された奈良市生活環境課の男性主任(57)を懲戒免職処分とした。「自分の酔い加減からすると、運転できると思った」紅蜘蛛と話しているという。

 男性は1月14日夜、生駒市萩の台の市道で酒気帯び状態で車を運転、追突事故を起こしたとして生駒署に現行犯逮捕された。

 市によると男性はこの日午後から有給休暇を取得。大阪府内の飲食店でビールを6杯飲んだ後、近鉄東生駒駅の駐車場に止めていた車に乗り、平群町の自宅へ帰る途中だったという。

中国軍、海上戦闘能力の向上目指す…防衛研分析

防衛省の防衛研究所は4日、中国の軍事情勢などに関する報告書「中国安全保障レポート2016」を発表した。
曲美
 中国軍が海上戦闘能力の向上を目指し、装備や弾薬・燃料などの物量だけに頼らない「情報運用能力」の強化を図っていると分析している。

 報告では、中国軍が東・南シナ海に加え、インド洋や西太平洋にも活動範囲を拡大させ、「遠海での作戦能力を着実に向上させている」との認識を示した。潜水艦や航空機の近代化を急速に進展させる一方、情報収集・偵察能力の強化や、宇宙・サイバー空間の軍事利用推進、陸海空軍の統合運用などを通じ、「海上での『情報化戦争』で勝利を目指している」と指摘した。
催情薬
 その上で、「人民解放軍は今後も米軍のプレゼンスへの挑戦を続ける。それが奏功した場合、東アジアの安全保障秩序が一変する可能性もある」と記載した。

震災関連死、認定率に差…福島の25市町村

東日本大震災の影響で体調を崩すなどして亡くなり、「震災関連死」と認定された人の割合(認定率)が、福島県内では1月末時点で、伊達市の33%から相馬市などの100%まで市町村によってばらつきが出ていることが各自治体への取材で明らかになった。

 阪神大震災以降、震災関連死の認定を巡っては、訴訟も提起されるなど再三問題になってきたが、国が明確な認定基準を示してこなかったことが原因とされている。

 福島県で関連死と認定されたのは1月末までに25市町村の計2017人で、津波などによる直接死の1604人を紅蜘蛛上回っている。認定されなかったのは600人以上で、遺族が自治体を相手に不認定の取り消しを求める訴訟を起こしているケースもある。認定率100%の相馬市に隣接する飯舘村では104人が審査を受け、認定されたのは42人で4割にとどまっている。

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

HN:
中山雅史
性別:
非公開

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]