忍者ブログ
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

すっかりお爺さんの顔だと・・・

晴れ渡る夏空に汗が滴り落ちる沖縄
中国精力剤
夏必需品の「カリムシ」は理にかなっている・・・

これでは営業マンも大変だ・・・日本の夏はどこでも亜熱帯化している

こんな、くそ暑い日は「カキ氷」をかっ込むのが一番涼しげに思える

「どこかでカキ氷食べよう・・・どこか食べさせる店を知らないか・・」
「何、子供みたいなことを言ってんの・・・」

又しても陽子に却下

これでは頭から水でも被らなければ、うだってしまう・・・・と弱音を吐くと

「貴方は寒さも弱いけど暑さにも弱いのね、いくじなしと言われるわよ」

香も陽子もタンクトップにノーブラ姿だもの暑さも感じないだろうが、こちらは子供抱きながら、ふうふう後部座席で唸っている

折角だからと「チュラ海水族館」までドライブに出かけようと香がハンドルを握る、高速は比較的快適ながら、首の据わらない子供を抱き続けるのはシンドイ

「自分で抱いて行くと言ったんでしょ、もう少しだからがんばって・・」

こんなに乳飲み子の扱いに神経を使うとは思わなかった

汗疹でも出なければいいのだが、私は脇汗がじっとり滲んでくる

威哥王
水族館は結構な来館者で賑わっている、甚平鮫の巨大水槽の前で私は座り込んでしまった

「ああ、ここは天国だ・・・動きたくない・・・・」

水槽を泳ぎまわる魚たちを見ているだけで、気持ちまでゆったりしてくる

「貴方、明るいところで記念写真撮りますよ、早く立ち上がって・・」

周りを見渡すと座り込んでいるのは小さな子供と私の二人だけ、座り込んではかえって見づらいのだろう、ガラス面近くで座り込む私は、まったくの場違いのようだ



ようやく帰宅したのは5時過ぎだった、不思議と子供はグズりもせず、とてもおりこうさん・・だった

「やっぱり私の血を引くこの子は、無意識のうちに父親の膝の上で安心しきっていたんだね・・・いい子だ・・・」

香と陽子は顔を見合わせて笑い転げた

何か不味いことでも言ったかな・・と怪訝な顔をしていると

「貴方はすっかりお爺さんの顔をしているわよ・・・お父さんはそんなところで感心しないの・・・」
三体牛鞭
PR

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

HN:
中山雅史
性別:
非公開

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]