忍者ブログ
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

医学と家畜生体学の学問的な共通点

 インフルエンザなど、家畜と人間が密接に絡 んでいる感染症は多いです。その理解は深いと思い ます。 媚薬蟻王食事への理解が深い家畜と言えば、食事です 。人間の同化源として家畜は重要なので、家畜側 の視点から見た食事という点で人間をとらえられる というのは、アドバンテージかもしれません。    家畜学と医学をムリに結びつけようとすると 、家畜=人間、同等という受け取られ方をする可能 性があります。補腎助陽家畜から命の大事さを学んだとかも 、かなりマズイ答えだと思う。一番、多く予想され る回答で、一番ダメな回答でしょう。    家畜と人間は、べつもの、です。精力剤家畜の上に 立つ人間に興味を持った逆に、人間と家畜であるか ら医学に興味があるというのもマズイです。同等と か、優劣とか、その辺りは触れない方が無難。家畜 学と医学は基礎研究的なものでは近い、といった学 術論の方が無難です。「人間をネコやブタと同列視 する人を、医者にしたらまずかろう」と思われたら 、そこでアウトの可能性があるからです
PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13
15 16 17 18 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

HN:
中山雅史
性別:
非公開

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]