忍者ブログ
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

女性ホルモン分泌が減少してくるので、薬などでホルモンを補充し症状を緩和させる

  不眠や寝付きが悪いという症状は、高年期なると多くなる症状のひとつです。不眠や寝付きが悪いという症状は、高年期に限ったわけではなく生理前、妊娠初期や出産後の女性にも多くみられます。これは、卵巣ホルモンの分泌が急激に変わるため自律神経が乱れるためといわれいます。高年期になるとエストロゲンの減少により高年期障害だけではなく、様々な病気を引き起こす原因にもなっています。アリ王
  また、症状により更年期障害と間違えやすい病気もあるので定期健診で健康管理をおこなうようにしてください。ここでは、高年期にかかりやすい病気を掲載しています。高年期障害は身体に様々な症状はありますが、臓器などには病気がないことも多くあります。しかし、その症状が生活に支障をきたすようであれば、症状を緩和するための治療を行う必要があります。治療法は大きく5つに分けることができます。夜の健康食品
  ホルモン補充療法、カウンセリング、抗うつ剤、漢方薬、運動に分けられ症状にあわせて、専門医と相談しながら治療をおこなっていきます。内科や婦人科でも診察はできますが、治療を受けやすいのは女性外来や高年期外来です。高年期になってくると女性ホルモンの分泌が減少してくるので、薬などでホルモンを補充し症状を緩和させるのがホルモン補充療法です。症状が軽い場合は内服薬、症状が重い場合は注射で症状を抑えた後に内服薬を使います。痩身一号
PR

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13
15 16 17 18 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

HN:
中山雅史
性別:
非公開

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]