忍者ブログ
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

貧血で輸血をやむを得ず繰り返して放置すると息切れや倦怠感、心不全をおす

 化学療法による骨髄のダメージは、まずは白血球に現れ、次に血小板、ということが多く、赤血球が減少する、いわゆる貧血が起きることは乳癌の初期の化学療法ではあまりありません。白血球も抗がん剤の種類により減る時には減ってしまうのです。大出血が予想される心臓外科手術などに際して自己血貯血目的で使用されることもあります。今回、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会薬事分科会が、エポジンの化学療法にともなう貧血の効能追加について承認を却下した理由は、副作用リスクが同薬の貧血を改善する有効性を上回ると判断したからだそうです。三便宝
 この副作用の中には、がん患者の生命予後の悪化や、腫瘍増殖の促進というリスクへの懸念が海外で報告されていることが挙げられています。このような副作用が真実なのであれば化学療法の効果を相殺してしまうことになりますのでやむを得ないのかもしれませんが、どのような臨床試験のデータなのかが興味があります。白血球も抗がん剤の種類により減る時には減ってしまうのですが、増やす注射をするほどでもなくきました。ただ、一時ちょっと貧血気味だったので、フェロミアとシナールを服用しています。巨人倍増
 最近、ずっと血液検査も大丈夫だったので、そのおかげかと思っていたのですが・・・ちなみに、貧血気味だった時でも、赤血球やヘモグロビンは減っていましたが、血小板は参考値を下回ったことは一度もなくて、食欲が落ちた時などにきちんと栄養がとれてないから貧血気味になるのかな、と漠然と思っていました。薬は飲む方が良いとか飲まない方が良いとかいうものではなく、飲む必要があれば飲む、飲む必要がなければ飲まない、と考えるべきです。効果がないのにだらだら飲み続けたり、すっかり改善して飲む必要がないのに服用し続けるのはお勧めしません。威哥王
PR

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13
15 16 17 18 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

HN:
中山雅史
性別:
非公開

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]