忍者ブログ
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

高脂血症、高尿酸血症を認めました

 男性ホルモンの分泌量のピークは20代から30代で、その後年をとるにつれて、40代後半あたりから減少していく。商社勤務。福源春身長178cm、男性更年期障害は、男性ホルモン(テストステロン)の減少が原因。もちろん男性ホルモンの分泌量には個人差があり、分泌量の減少の仕方も人それぞれである。 また、男性ホルモン低下の原因は、①加齢、②ストレスである。
 男性で更年期障害を発症しやすい性格の方とは、神経質?真面目?几帳面?責任感がある方に多いそうです。 自己問診表のAMSスコアは55点で重度に分類されました。血中遊離テストステロン値は6.5pg/mlと低値でした。三體牛鞭そのほか、高脂血症、高尿酸血症を認めました。治療として、まずウォーキングなど運動療法、更年期の症状を自覚した場合は、まずは病院での受診をオススメします。病院の医師と更年期の治療方針について良く相談の上、治療をして下さい。 更年期の症状の治療法について納得のいく説明が得られなかった場合には、他の病院の医師にそのことを尋ねてみるのも一つの方法です。女性の更年期障害は閉経前後の卵巣の急激な機能停止によって起こると考えられているが、 男性の場合加齢によって血中のテストステロン値の低下がみられるもの 女性ほど急激ではないことから、男性には更年期障害は存在しないとされてきた。 しかし、近年そうではないことが明らかになった。 更年期障害とという”不定愁訴”という言葉がすぐに連想されるが、不定愁訴とは漠然とした。
 訴えであり自覚症状を訴えるだけの他覚的所見や器質性疾患の裏付けが認められないものをいう。 この不定愁訴が中高年の男性に多いことが内科医に注目されている。蟻力神 更年期障害の症状の治療法としては、現在のところ、ドライアイとは涙腺の萎縮により、通常、口腔内では唾液の分泌が恒常的に行われており、潤いが保たれています。ところが、更年期を迎え、唾液の分泌量が減り口の中が乾いてくる(ドライマウス)。
PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

HN:
中山雅史
性別:
非公開

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]