忍者ブログ
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

女神さまに憧れた理由。

最近のYYCでの僕はなんだか僕らしくない。

なんか迎合してる感があったり。

やたらテンション高めだったり。

八方美人的な感が否めなかったり。

狼一号

これって僕が元々いちばん嫌なタイプというか。

こうはなりたくないって思ってたはず。

なのに自分の日記とか読み返すとそうなってる気が。

僕がいちばん嫌いなタイプに僕がなってる。



なんでこうなっちゃったんやろ。

いまさら好感度あげよとかないはず。

別に嫌われようがウザがられようがどうでもよくて。

そんな事をまったく気にせず好きな事を日記に書いて。

リコメも気なんてつかわずにただ適当に返すだけで。

これが僕のスタイルやったはず。

無理してはしゃいでる感がいちばんダサい。

僕は僕のペースじゃなきゃ僕じゃなくなる。

中国精力剤

好きな事を人目を気にせずに。

書いてる僕が楽しくて。

僕自身が納得のいく。

僕の為に僕が書く。

それを分かってくれる人だけが読んでくれる日記。



僕が女神さまに憧れた理由。

あのマイペースぶり。

他者に媚びない姿勢。

笑わせよう感が出ていない笑い。

独特な発想から生まれる世界。

計算しつくされた構成。



数えだせばきりがない。

純粋にそんな女神さまに憧れたから。

憧れというのもおこがましいかもしれない。

それは尊敬であり羨望であり時には嫉妬かもしれない。



もう一度あの気持ちを思い出し常に忘れずにいよう。

僕が僕らしく好きなように過ごせた頃を。

少しでも女神さまの域に近づけるように。

いつか女神さまに存在を認識してもらえるように。

そしていつの日か女神さまに認められるように。



とりあえずその為に必要なことはまず原点に戻ること。

原点に戻るためには何が変わってしまったのかの原因を知らなければ。

僕があの頃といちばん変わってしまったことそれは。



お姉ちゃんたち全員ばいばいしちゃったことだ。

僕らしさを取り戻すためにもお姉ちゃん隊の募集から始めよう←
催淫カプセル
PR

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13
15 16 17 18 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

HN:
中山雅史
性別:
非公開

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]